So-net無料ブログ作成

【PS4】 HDDを、SSHDに換装することに決めた 【高速化】 [俺調]







本日、このブログのPV(ページビュー)数が
めでたく 10,000 PV を突破致しました

開設がこないだの7/30なんで、早いのか遅いのかはわかりませんが
ひとえに読んでくれる皆様のおかげです

ありがとうございます!


さっき、PS store で、10/27 に発売になる、
PS4 版 マフィアⅢ を先行予約でポチりました

DL容量が32GB くらいの模様

俺のPS4 のストレージ管理のとこから、HD の残量を見てみるとギリギリ
34GB ほどしか残ってないみたい

この状態になると、動画用に録画しとくのが不可能

もうそろそろ限界もいいとこなので、
PS4 のハードディスクを換装することにします

これについては、前にもちょこっと書いたような気がするけど
とりあえず、PS4 のHD 換装に関して、調べてみた

もちろん狙うは容量増やすのと、どうせ換装するなら、高速化したい

SSD と言いたいところだけど、高い ><
1TB で、大体 30,000 円以上

新しいPS4 が、HD 1TB で 36,000 円程で買えると思うと、これはナシ
11月に発売される PS4 Pro でさえ、48,000 円程

では、諦めて容量だけ増やすとする

HDD の 1TB のもので、6,000 円ほど
それなら、もっと増やそうと 2TB にすると、こちらは 10,000 円くらい

ひと昔前の、150GB の外付けハードディスクなんてものを
2~3 万円ほどで、購入して、
だいぶ安くなったもんだと思ってた頃からすると、隔世の感アリアリ

そこで登場するのが、SSHD なるもの
HDD と SSD のハイブリッドというフレコミの物です


SSHD : ソリッドステートハイブリッドドライブ

HDD : ハードディスクドライブの大容量性と、
SSD : ソリッドステートドライブの高速性を併せ持つという特性があるらしい


PS4 のSSD 換装なんかは、前から割と気になってて、
そういった記事やなんかを目にすると、じっくり読んでたんですよね

そこで書かれてたのは、

PS4 は、SSD や SSHD に換装して享受できるメリットが少ない
という意見や、データが結構あったのは事実


言い換えれば、PS4 は、SSD に換装しても、
大して早くならない、ということ


PS3 は、SSD に換装すると、爆速なんてのはよく言われてました
なぜPS4 は、SSD に換装しても、メリットを享受できないのか


それは、【 本体のメモリの差 】 によるところが大きいということ


PS3 や、PS4 といった、コンシューマーゲーム機と呼ばれるもののゲームは
ゲーム自体が、そのハードに最適化されるように作られてるんですよね

PS3 は、本体のメモリが 256MB しかなくて、
メモリのキャッシュには、それだけしかゲームデータを読み込むことが出来ない
その分、ハードディスクにアクセスしなくてはならない
そうすると、そのハードディスクドライブが、アクセスの速いSSD に換装すると
いわゆる【爆速】と呼ばれる程の恩恵を享受できたためです

それが、PS4 となると、本体のメモリが、8GB もあるので、
メモリのキャッシュ自体に、大量のデータを読み込んでおくことが可能
ハードディスクドライブにアクセスする頻度自体が減れば
当然、速いもへったくれもない、というのが
どうやらPS4 における、SSD 換装のメリットが少ないという真相のようです


PC版のゲームって、それぞれ個人のPCごとにスペックや環境が違いますけど
PS4 なんかのコンシューマーゲーム機は、スペックは型番同じなら変わらず
同じ性能で快適にプレイ出来るように、という前提で作られてるので、
スペックを上げるようなSSD への換装を行っても、メリットが感じられないのかも


現状、PS4 における、SSD や SSHD 換装のメリットが少ないというだけで
これから先、年数を経て、ゲームデータがそれなりに肥大化して
本体のメモリ 8GB じゃ、ハナシになんないよって頃、
PS4 末期で、PS5 が・・・なんて頃になると、
SSD で爆速、という時代が来るのかもしれません

とは言え、Fallout4 なんてやってると、ロード時間の長さは、ちと不満

ソニーのPS4 のオフィシャルHPを見ると、

「 内蔵 HDD を換装しても PS4[トレードマーク] 本体の保証期間に変更はありませんが、
すべての HDD の動作を保証するものではありません」 と書かれてる

HDD は換装できるし、本体の保証期間に変更はないが、
動作の保証はしませんよ、ということ

ましてや、SSD やら SSHD に関しての記述は全くないことを考えると、
不具合や、安定度で考えると、HDDを大容量のものに換装するのが
やはり現状ではベターな選択なのかもしれない

Amazon なんかを漁ってみても、値ごろ感の出てきた、
2TB のHDD に交換して、容量 500GB → 2TB っていうのが1番いいのかな

いまの俺のゲームスタイルだと、
ゲームしながら、バックグラウンドで動画用に録画してたり、
ヌカケードの景品ガチャじゃないけど、セーブデータをロードするのを繰り返したりと
ハードディスクへのアクセス頻度って、普通にプレイするより多いと思うんで
SSHD への換装って、こと Fallout4 に限って言えば、間違いなく効果あると見てます

PC のHDD 換装って、その後のバックアップを云々とか、メンドくさそうだけど
PS4 のは、ゲームデータはほとんどPS store でダウンロード購入してるのと
PS plus で、セーブデータをオンライン上に置いてるのもあって、割と気軽に出来そうなんですよね
ネジを外して、ぶっこむだけっぽいのもイイ

ということで、自分は、SSHD への換装にチャレンジしてみたいと思います

さぁ、それでは、どの SSHD にするかという問題


SSHD は、乱暴な言い方をすれば、
HDD に、SD カードがくっ付いてるようなもの


よく使用するデータを、いわゆるSD カード部分に収納しといて
保存しとくデータはHDD に収納するという具合

このSD カードに該当する部分が、NAND フラッシュと呼ばれるもので
8GB だったり、32GB だったりする


値段は、2.5 インチ 1TB のもので

NAND フラッシュ : 8GB およそ 8,000 円
        32GB およそ 13,000 円


ここでどうしても、テンコジの画像が貼りたくなったので
また貼らせて下さい


61e47757.jpg



価格差 5,000 円ほどなので、32GB にします!
というわけで、Amazon にてポチりました★





比較用に、SSHD 1TB NANDフラッシュ 8GB のものも、載せてみます





調べてみて、わかったんですが、
2016年10月現在、PS4 にて2TB 換装できるHDD は、コレだけ

俺はイバラの道を逝きますが、おそらく現状ベターなのはコッチ





HDD を交換してみての感想や、ロード時間の違いや、泣き言などは
あとでコチラにて、近日中に報告します

追記: SSHDに換装しました コチラでどうぞ

Fallout4 の全く同じセーブデータを使用して、
HDD と SSHD のロード時間を比較してます【比較動画あり】


Amazon のレビューなんか見てると
PS4 の本体と一緒に大容量のHDD 買って、
換装って人が、意外と多いのにビックリ

ちょっと勉強になりました

500GB なんて、実質使用領域 400GBやそこらで
ゲーム10本も入ってるとパンパンだもんなぁ

あ、あとは交換後の純正ハードディスクですが、
換装後、数カ月間は不具合出たときのために、そのまま保存しといて
ま、問題ないかなーって時は、カバー被せて、外付けのHDD として活用するつもりです

こういうレビューやら、比較検証やら書いてて
何倍とか出てくると、どうしてもテンコジの画像が浮かんできて
貼らずにいられなくなるんですよね(笑)

これからも、あの画像は登場することあるかと思います

さて、PS4 のHDD 換装ってことで、ダラダラ書いてきましたけど
ポチったSSHD のメーカー SEAGATE のHPなんかを参考にしたりしました

 ・ SSHDなら、簡単に低コストでノートPCやゲーム機器の
  パフォーマンスを大幅に向上させることができます。

 ・ 32GBと8GB NAND型フラッシュ・オプションで
  必要とするスピードを体感してください

 ・ 標準的な7200RPM HDDよりもゲームの読込みが
  95%速い32GB NAND型フラッシュ技術で、
  より優れたゲーム性能をお楽しみいただけます

メーカーが、どんだけ大言壮語を吐いてるのか、
はたまた、俺のPS4 が化けるのか、

こういうの興味ある人、どれくらいいるかナゾですが、

では、数日後をお楽しみに★









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感